誰でも口は若干臭いものだがそれって全部唾液のせいなの!?

お口はやっぱりどんな人でも少なからずにおってしまうんですよね~

口のにおいにイケメンや美人も全く関係はないのですね!

それで口臭って何で発生してしまうのでしょうか?やはり唾液が全て悪いのだろうか?

 

唾液 臭い 責任

 

唾液のおかげで口臭がきついの?

 

唾液がにおってしまうのは誰でも該当しますね。

自分の手に唾液を付けて嗅いでみたら分かると思います。

わざわざ嗅がなくても考えるだけで想像できますね…

 

それじゃあ唾液が臭いから口臭が若干発生しているの?

はい、確かにそのように考えることが妥当ですね…

だって臭いことには変わりありませんからね(T_T)

 

っということは唾液をできるだけ少なくすれば口臭を完璧に無くすことができるのでは!?

とそういう風に繋がってしまうと思うのですが、唾液というのは絶対にないといけないものなんですね。

 

実は唾液には口臭を悪化させてしまう要因を排除してくれるのです!

唾液は口内を清潔にしてくれる重要な役割を担っているのですね。

例えば口内って実はとんでもない量の細菌が潜んでいて、こいつらのせいで口臭が発生してしまっているといっても過言ではありません。

そんな細菌を唾液が退治してくれるという見事な働きをしてくれているのです。

 

そして細菌と戦った唾液は傷ついてしまい、臭いにおいを発してしまうのです。

ですので唾液がにおうということは細菌を取り込んだからとイメージしてもらえればいいです!

 

だから唾液っていらないものではなく、逆にいっぱいいて欲しいものなんです!

その分口臭の原因となるものを退治してくれることになりますからね。

 

また口臭を聞けば口腔内に原因があるのではと想像してしまうのですが、残念なことにそれだけではないのです。

 

 唾液はもちろん誰でも臭い!だが異常ににおったら…?

 

唾液以外で口臭

 

唾液以外での口臭の原因

 

口内で言えばまずは虫歯、歯周病、歯槽膿漏などといった歯の異常事態によるものですね。

はっきりいってこれらを疾患してしまうと、マジで臭いです。

「腐敗臭」「ゲロのにおい」といった表現で表されていますね…

他の人があなたから反射的に逃げてしまう要因となります(T_T)

 

他にも内臓によるものもあります。

特に胃や腸が不調になってしまうとにおいを発生してしまうのです…

これは直接出ているのではなく、体中の血液を巡っていって出ているというのです。

ですので口臭だけでなく体臭も同時に醸し出してしまう恐れがあるのです。

 

また精神的なものでも発生してしまうのです。

これって実は唾液の分泌量に関わっていて、重度のストレスなどを感じてしまうと極端に減ってしまうのです。

ということは口内の細菌が異常発生してしまうきつい口臭となってしまうのですね…

 

っと口臭の原因をざっくりと挙げてみるとこれがメインとなります。

これをどのようにして予防していくかが非常に大切なポイントとなることは間違いないでしょう♪

 

まとめ

 

 唾液ってむしろいっぱいあった方がいい!

 唾液以外でにおってしまう原因はたくさんある!

 

 

コメントを残す