口臭があることに自分で気づくことは不可能なのだろうか?

口臭というのは自分で自覚することは非常に難しいと言われていますね。

私も自分で気づいた時って親しい人から指摘されたから自覚をすることができました。

 

口臭 自分で気づく

 

口臭は自分で気づける?

 

みなさんは口臭を自覚した時ってどのようなシチュエーションでしたか?

 

大体の方は周りの人からの指摘や仕草で気づいた方が多いのではないでしょうか?

 

そして自覚をした時ってすごくショックを受けますよね…

 

何事に対してもやる気が起きなく、この世の終わりを感じてしまいましたね(T_T)

 

あくまで私の場合なのですが、みなさんもすごく傷ついたのではないでしょうか?

 

周囲の人に言われなかったらここまで落ち込むことなかったのになど様々な思いが巡りましたね。

 

ここで思ったのが自分で自覚をすることができれば、かなりハッピーなのでは?

 

人に言われて傷ついてしまうので、自分で自覚できればダメージも少ないはずですね!

 

それでこの記事を読まれている方は、指摘されてはいないが、何かしら不安な要素があると思います。

 

自分は本当に口臭がきついのだろうかなど確認する方法はあるのでしょうか?

 

 口臭を自覚した人たちへ…この先どうする!?

 

自分で口臭を自覚する

 

自分の口臭を確認する!

 

口臭だけに限らず、自分のにおいというものは基本的に気にならないと思います。

 

その中でどのようにして口臭がきついことを確認すればいいのでしょうか?

 

 口臭チェッカーを使用する

 

自分の口臭のきつさを数字で表してくれます。

 

人に会う前など、自分の息の状態を確認する時に使用している方が非常に多く見られています。

 

この口臭チェッカーで自分の口臭の有無を確認してもいいかもしれませんね♪

 

 歯医者で確認!

 

これが一番良いかもしれません。

 

歯医者さんで口臭の確認をお願いしますと言えば承ってくれます。

 

また口臭がきつかった場合には適切な対策方法を教えて下さるので非常にいいです!

 

 ビニール袋で確認!

 

ビニール袋の中に自分の息を入れておきます。

 

そしてその息を嗅いで、自分は本当に口臭がきついのだろうかを判断しましょう!

 

不快な思いを反射的に起これば口臭はきついこと間違いないと思います。

 

 唾液で確認!

 

口臭がきつい原因は口内の細菌によって引き起こされています。

 

唾液には細菌が含まれていますので、自分の手を舐めてかいでみましょう!

 

これできついかきつくないかを判断して下さい。

 

 歯ブラシをにおってみる!

 

歯ブラシでなくてもフロスなどでも大丈夫です。

 

使用した直後に嗅いでみましょう。

 

これで臭いと判断したならば、口臭がきつい可能性があります。

 

まとめ

 

自分のにおいとは基本的になかなか気づくことはありません。

 

上記で挙げた方法を試してみることで口臭に気づくことが出来る可能性があります!

 

 口臭チェッカーを活用する

 歯医者さんで確認をしてもらう

 ビニール袋に息を溜めて嗅いでみる

 唾液を手に付けてにおってみる

 歯ブラシやフロスなどを直接におう

コメントを残す