禁煙をしても息が臭いままだと!?何でこうなってしまうのか?

「百害あって一利なし」ということわざをたまに耳にしたことがありますか?

特にタバコを吸うという行為はこのことわざのまんまに適しています。

「止めたから害はもうないぞ」って言いたいところですが果たして本当にそうでしょうか?

 

禁煙 息 臭い

 

禁煙しても息が臭い!?

 

私は実は約3ヶ月前までは愛煙家でした。

口臭に気づいてからタバコを吸うのをやめたのですが、これによる息の臭さは感じませんでした。

これはあくまで私の場合です!

 

ですが、禁煙を始めても一向に口臭が改善されないケースもあるそうです。

何か信じられませんよね?

タバコ自体臭いにおいを限りなく出しているのに、禁煙しても改善されないってちょっと矛盾しているような気がしますね…

 

普段から「タバコ臭いよ?」って言われて、口臭に気づいて自らの意思でやめたとして、時間が経つと周囲の人が顔を背けられたり、手で鼻を覆われたりなどのことはありませんでしたか?

こういうことをされると、禁煙をしても息が臭い可能性が高いかもしれません。

 

しかも自分でも口の違和感を感じていたりするとなお口のにおいは抑えられていないでしょう。

っていうか逆に悪化したのではと感じてしまう場合もあります…

 

それは実際にありえることで、原因も挙げられています。

 

 口臭がきついのは歯糞が付いているからなのか?

 

禁煙 口臭

 

何故禁煙しても口臭がきつい?

 

これって本当に不思議ですよねー

 

口臭の原因となるものをやめたのに抑まらないって何かしらの理由があるはずなんです!

 

 歯茎の弱体化で口臭にどのような影響が…!?

 

虫歯が進行していた?

 

もしかしたら虫歯になっている恐れがありますね。

 

実はタバコを吸う事によって、虫歯になってしまうリスクが上昇してしまうのです。

原因としてはニコチンですね!

 

ニコチンは体内に悪影響を与えるだけでなく、口内にもかなりのダメージを与えてしまうのです。

詳しく説明すれば虫歯の要因となってしまう雑菌に対しての免疫力低下が引き金になる恐れがあります。

 

歯周病かも!?

 

喫煙をしていたら、虫歯よりも歯周病の方がなりやすいとも言われています…

 

これも虫歯と似たようになってしまうのですが、免疫力の低下が挙げられます。

また歯茎へのダメージも大きくこれによっても歯周病を患ってしまう危険性があるのです。

 

これらをどうすればいい?

 

迷わず歯医者さんで診断を受けて、異常を発見すれば即効治療に移ることが定石です!

 

禁煙しても息が臭ければこれらを疑う余地は十分にあるので、できるだけ診断を受けたほうが無難です。

 

一番良いのはタバコを吸わないことですが、この記事を見ている方はすでに喫煙をしている方や禁煙後の方だと思います。

ですので、口臭を第一に気にしているのであれば自然とタバコもやめることができる可能性があるので努力してみましょう♪

 

まとめ

 

 禁煙しても口臭が治まらないのであれば虫歯、歯周病と疑ってみる

 歯医者さんで相談すれば何かしらの原因が見つかるので診察を受けてみる

コメントを残す