納豆を食べた後って歯磨きをしまくった方がいいのだろうか?

納豆って人によって好き嫌いの激しい食材トップクラスに入るくらいの性能を持ってますね♪

味やネバネバ感、そしてにおいなど嫌われてしまう要素が多いように感じますね。

特に食べた後のにおいは残ってしまい、消臭するのもけっこう困難だったりしますね…

 

納豆 歯磨き

 

納豆から生まれるにおい

 

みなさんは納豆好きですか?

私はもう大好きで、毎日絶対に1パックは食べていますね♪

特に卵かけ納豆ご飯は私の活力を上げてくれる伝説の一品だと思っています!

 

ですが食べた後の口の中ってねっとり感と独特の味が残ってしまい、また納豆のにおいをプンプンさせていることを直に感じてしまいますね…

味やねっとり感なら全然大丈夫なのですが、においはちょっといけないように思いますね。

 

納豆のにおいというのは納豆菌から醸し出されています。

原料は大豆で様々な工程を経てあのにおいや味を作り出しているのです。

 

そんな納豆ですが、食べたら確かににおいはきつくなるものの、口臭を予防してくれる効果があるのです。

話していることがすごく矛盾していますね…申し訳ないです(T_T)

 

納豆菌は歯周病を予防、または改善をしてくれる働きがあるのです!

歯周病を患ってしまうと口臭が今までにないくらいのにおいを発生させてしまいます。

これを患わないようにすることが非常に大切なので、納豆は口臭を予防する食材としても機能します♪

 

ですがやっぱり食べた後のにおいは否めないですね…

じゃあどのようにして抑えて行けばいいのでしょうか?

 

 唾液が綺麗な人なんてこの世に存在しない!

 

納豆 歯磨き除去

 

やはり歯磨きをしまくることが有効なのか!?

 

においを抑えると言えば、うがいをするガムを噛むなどを思い付くのですが、歯磨きが一番効果的ではないでしょうか?

 

歯磨きをすることで歯垢を含め、口内の悪臭成分を一蹴することが可能になります。

ですが試した方は分かると思うのですが、なかなか納豆のにおいって落ちないですよね?

私もやったことがあるのですが完璧に落とせたという感じはしませんでしたね…

 

じゃあ何回も歯磨きをすれば最終的には除去できるのでは?

っと考え付きますがこれもあまり得策ではありません…

 

 歯磨きって1時間くらいしてもいいの?

 

歯磨きを何度も行ったり長時間行ったりすると、逆に歯茎を傷つけてしまい口臭悪化の要因として繋がってしまうのです。

ということは歯磨きを頻繁に行うことはダメということになります!

 

ではどのようにして行くかというと、「歯磨き+○○」という口内ケア方法を組み合わせていくことですね♪

例えば歯磨きと洗口液を使うことで、口内の細菌などほぼ除去することが可能になっています。

 

このように複合することで納豆のにおいを抑えていくことが可能となっています。

洗口液はリステリンやモンダミンといった様々な種類がありますが、自分に合ったものを選んで対策を行っていくとなおいいでしょう!

 

まとめ

 

 納豆はにおいの元となるが、歯周病などの予防にもなる

 歯磨きは口内ケアで一番効率良いが、やりすぎると逆に悪化する

 歯磨きと何かしらの口内ケア方法を組み合わせる

 

 

コメントを残す