口臭予防のためにマウスウォッシュを使うが痛い…対策はある?

マウスウォッシュとは俗に言うと洗口液のことですね。

口の中をリフレッシュしたい時などによく愛用されていますね♪

ですが使用すると痛いという声をたまに耳にしたりもします…

 

マウスウォッシュ 痛い

 

マウスウォッシュを使うと痛い?

 

マウスウォッシュって様々な種類がありますよねー

 

メージャーなもので言えばリステリン、モンダミン、GUMといったものがあります。

 

それぞれの使用目的としてはほとんど似たような感じですが、含まれている成分が若干違っていたりもします。

 

大体のマウスウォッシュは虫歯や歯槽膿漏の予防、悪臭の防止といった非常に便利な効果を持ち合わせています!

 

特に口臭を懸念されている方は大体使用しているのではないのでしょうか?

 

そんな私も気が向いた時にマウスウォッシュを使用するのですが、たまにしみることがあるのです。

 

みなさんも使った時にしみてしまったり、痛みを伴ったりしたことはありますか?

 

もし経験があったら、使う気が失せたりしませんでしたか?

 

折角マウスウォッシュを購入して、何かしらの対策に乗り込んだのに痛みがあると悲しいですよね…

 

マウスウォッシュを使用すると痛みを感じたりしみたりなどの対策方法はあるのでしょうか?

 

 モンダミンを使用するとしみる?一体何故だ!?

 

マウスウォッシュ 痛み対策

 

痛みを対策する!

 

とにかく痛みを和らげて行かないとマウスウォッシュでの口臭対策が捗りませんね…

 

どのように対策を行っていくかまとめてみましたので是非参考にして下さい!

 

 リステリンで本当に口臭を抑えられるのか!?

 

口内に傷がある

 

マウスウォッシュには強い殺菌成分が含まれています。

 

傷があるとその部分に成分が行き届いてしまいかなり痛い思いをしまう。

 

また口内炎も同様に痛みが生じてしまいます。

 

ですので、傷の完治を確認をしてからマウスウォッシュを使用すれば大丈夫です。

 

薄めて使用する

 

殺菌成分によって、口内全体が過敏に反応してしまう場合があります。

 

この場合は水である程度薄めて使用すれば痛みやしみたりなどを軽減できるでしょう♪

 

マウスウォッシュを替えてみる

 

それぞれのマウスウォッシュに含まれている成分は違います。

 

もちろん殺菌成分も異なっていますので、替えてみることで解決する場合があります。

 

ちょっともったいない気もしますが、口内のためなのでしょうがないです…

 

歯茎の状態が悪い

 

例えば歯茎が垂れ下がっていると、その状態で殺菌能力の高いマウスウォッシュを使用すると、過剰に反応してしまいます。

 

歯の神経にそのような成分を当ててしまうと非常に痛い思いをしますね…

 

この場合は使用を一旦中断して、歯医者さんに行って、歯茎の治療を優先して行いましょう!

 

これでもだめなら?

 

上記で説明した対策がうまくいかなかったら、やめるのも一つの手です!

 

あれば確かに口臭を抑えられますし、心配することも少なくなると思います。

 

ですが、口臭対策は様々な手法がありますので、マウスウォッシュに拘らなくても問題ありません。

 

あなたにとっての一番いい口臭対策が絶対にありますので、諦めずに頑張っていきましょう♪

 

まとめ

 

マウスウォッシュで痛みが生じてしまう場合は、何かしらの原因があるのでまずは対策を行いましょう♪

 

 口内の傷を完治させる

 マウスウォッシュの濃度を薄めて使用

 別の種類のマウスウォッシュに交換する

 歯茎が原因の場合、歯医者さんで診察する

 

 

コメントを残す