リステリンを使うとしみるのですが、何かいい対策方法はありませんか?

リステリン しみる 対策

 

口臭を徹底的に対策するならリステリン!

っとあなたは思っているでしょう。

 

もちろん私もリステリンの力は、

マジで尊敬していますよ。

 

だってリステリンを使うと、

お口の中が最高にさっぱりして、

口臭なんて忘れてしまいますから。

 

だから私は毎日のように、

リステリンを使っていたのです。

っというか1日に2回はリステリンを

使っていた記憶が私の中にはあります。

 

そんなリステリンですが、

ある問題点が浮上してきたのです…

 

リステリンを使うと、くっそ痛いんですよ!

 

足の小指を、タンスにぶつけたくらい痛いのです…

もうマジで勘弁して欲しかったですよ。

あの痛みだけは2度と味わいたくない。

 

私の心の中は、痛みに対する恐怖感でいっぱいでした。

 

でも何でリステリンでしみる問題が発生するのでしょうか?

それに何かいい対策方法はないのでしょうか?

何とかしてこの疑問を解決したいです。

 

ちなみに私は過去に、

リステリンを使って臭い玉を徹底的に取る!?しみたりしない?

という記事を書いているので、

是非ご覧下さい!

 

何でリステリンを使うとしみる問題が発生するのでしょうか?

 

リステリン しみる 対策方法

 

う~ん、マジで納得できませんよね…

せっかく口臭を対策するために

リステリンを購入したのに、

しみてしまって使い物にならないんですよ?

 

お金を捨てた行為と一緒です…

自分で言っていて涙が出てきましたよ。

 

それで何でしみる問題があるのでしょうか?

 

リステリンについて調べてみたのですが、

刺激成分が入っているのです。

 

  • チモール
  • l-メントール

 

という刺激成分が入っているため、

リステリンを使うと口の中が痛くなるのですよ。

 

この成分さえ無ければ痛むようなことはないのですが、

これらにもいい働きがあるのです。

お口の中の細菌を退治する効果があるため、

リステリンにとっては欠かせません。

 

リステリンでしみる問題を何とか改善できませんか?

 

私が実際にやっていた方法なのですが、

リステリンに水を入れて薄めていました。

これをするだけでだいぶリステリンの刺激性が落ちます。

 

だからとっても使いやすくなりますよ。

ですがリステリンの効果は滅法落ちてしまうでしょうね。

だって有効成分が水で薄められるのですから。

 

だったら無理してリステリンを

使わなくていいじゃないか!

あなたはそう思いませんか?

 

リステリンを仮に使い切ったとして、

次にどんなマウスウォッシュを使えばいいのか?

ちなみに私は超低刺激マウスウォッシュを使って、

やばい口臭を徹底的に対策をしています。

 

ゴッソトリノというマウスウォッシュになるのですが、

気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す