リステリンを使うことで歯石が取れたって本当?

リステリンは大体の方はご存知だと思うのですが、洗口液の一種としても有名ですね。

口の中をサッパリさせてくれるのはもちろんのことで、たまに見かけるのですが歯石を取ることができると聞きます。

 

リステリン 歯石 取れた

 

リステリンの効果

 

リステリンに限らず、洗口液は口の中を清潔にしてくれて爽快な気分を味あわせてくれるイメージがありますね。

もちろんそのような効果も期待できますし、口内の細菌たちを洗い流してくれることも事実です。

 

そのことを考えてみますと、口臭を抑えていくためにも打って付けのアイテムと言い切れます!

 

だからと言って乱用してしまうことは絶対にダメです。

洗口液には強い殺菌成分、いわゆる毒に近い成分が含まれているので、頻繁に使用してしまうと、口内を乾燥させてしまい、口臭の悪化へと繋がります。

因みに口臭対策を施している方で、平均にして使用頻度は1日に1~2回程度らしいです!

 

上記のことが基本的に洗口液の効果と言えます。

それでリステリンは歯石を取ってくれるという声を聞くのですが、果たして本当なのでしょうか?

 

 リステリンを最大の効力で発揮させるタイミングは!?

 

歯石を除去

 

リステリンで歯石を取る?

 

 リステリンで口臭を消すのは本当に可能なのだろうか?

 

そもそも歯石とは一体何なんでしょうか?

 

歯垢という言葉はきっと知らない人はいないのではないでしょうか?

歯垢は簡単に言えば、歯についた汚れのことですね。

基本的に歯は食べ物を噛むためにあるのですが、その時に出てくる食べかすなどが歯垢の原因となります。

 

そして、唾液の成分と歯垢が結合しあって、歯石というものができてしまいます。

歯石は「石みたいに硬くて、へばり付いている」ので歯磨きでは取れません!

 

そのようなものがリステリンで除去することができるのでしょうか?

先に答えを申しますが、リステリンで歯石を取ることは無理です!

 

仮に歯石を取るような成分が含まれていたら、歯茎や歯を傷めてしまい、健康面で非常に不安になることは間違いないです!

歯石と言うのは思った以上にしつこく、基本的に歯医者さんで取ってもらうことが一般的です。

 

またリステリンを使っても歯石は取れないという口コミも多数あります。

 

歯石が取れなかったパターンその1

 

最近口臭が顕著になってきて原因は何なのか特定をしていました。

しばらくすると歯石が溜まっていた事に気付いて、これを除去すればきっと大丈夫だろうと直感で感じました。

それでどのように取るのか調べていたらリステリンで歯石除去ができると聞いたので早速購入して使ってみました!

口の中はさっぱりするのですが、へばり付いた歯石には特に効果がありませんでした…

 

歯石が取れなかったパターンその2

 

鏡を見ながら歯磨きをしていると歯石がすごく溜まっている事に気付きました。

口臭の原因にもなると知っていたので、とりあえずどのようにして除去するか検討していたら、たまたま「リステリンで取れる」ということを知ったので使ってみました。

実際に使ってみた感じ、口の中がすごくしみてしまいちょっと辛かったですね…

確かに爽快感は感じるのですが、痛みをどうにかすれば使い続けれそうです。

歯石に関してですが、全く取れた気配を感じませんでした(T_T)

簡単に確認をしても使う前と変化はなかったので効果はないと思います…

 

上記のようなレビューを多数見受けられ、やはりリステリンでは歯石は取れないということは分かって頂けたと思います。


リステリンは口内の細菌をターゲットにして除去していくアイテムなので、「歯石を取る」というよりも「歯石を着き難くする」という解釈をした方が無難ですね。

 

 

リステリン 歯石 取れた どうやる?

 

溜まった歯石をどうやって取っていくの?

 

上記の説明よりリステリンではダメということは理解して頂けたと思います。

問題解決として一番はやはり歯石を取っていくことですね!

 

それで取り方としては2通りほどあります。

 

歯医者さんで歯石を除去してもらう!

 

1つ目として定番なのがまず歯医者さんですね。

何度も言いますが、歯石というのは本当にしつこいです。

ですのでここはプロに任すというのが最善の選択と言えます。

 

一昔前は歯石除去に痛みを伴っていたのですが、最近ではあまり痛みを感じないような治療をしてくれるらしいのです!

金銭面で多少かかってしまうのが痛手ですが、歯石がきれいさっぱり取れるなら願ったり叶ったりですね♪

 

 

自分で歯石を取ることも可能!?

 

実は自分で歯石を除去することもできるのです!

歯医者さんが使っている器具がネットなどを中心として販売されているのです。

それを購入して自分で歯石をガリガリすれば取れるよってことですね♪

 

ですが歯茎を中心的に傷付けてしまう危険性が一気に跳ね上がります。

これによって細菌が入り込んでしまって、病気になりやすくなったり、口臭が出てくる、あるいは酷くなるというケースもあるので細心の注意を払わなければなりません…

ですのであまり自分で歯石を取るという行為はおすすめできません。

 

それで歯石取りの器具の種類は様々あり、その中でも人気な物が以下のような感じですね♪

 

>人気の歯石取りピック<<

 

気になった方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

何度も言いますが、自分で歯石を取るのはおすすめできません!

 

 

 

歯石対策

歯石の対策

 

歯石を完全に除去したとして、大切なのはこれからは歯石が出来難くすることが一番ですね!

また今みたいに歯石が付着してしまえば除去しなければならないので、手間がかかってしまいます…

ですので歯石対策を行うことが最重要項目となるでしょう!

 

歯磨きを入念に行うことが大切!

 

上記でも申しましたが、歯石というのは歯垢が固まったものになります。

この歯垢を歯磨きの度に除去することで歯石の対策へと繋がるのです♪

 

それで歯垢から歯石に変わるのに約2日間かかると言われています。

「2日間あるから大丈夫かな?」っと思ってしまいそうですが、残念ながらそういう訳にはいかないのです。

歯垢というのは非常にしつこい奴で、歯の間に隠れていたりなど、歯磨きでは行き届かないところにも潜んでいるのです。

ですので油断は禁物で、質の高い歯磨きを心がけることが大切となるのです!

 

余裕があれば歯間ブラシを使おう!

 

歯垢は何度も言いますがしつこい奴でいろんなところに隠れているのです!

特に歯間に潜んでいることが多く、この部分も徹底的にきれいにしていきたいところです。

歯ブラシでは限界があるので、そこで歯間ブラシを使って歯垢を退治しようということになるのです。

 

実際に使ってみれば分って頂けると思うのですが、思った以上に歯垢が取れるのが目に見えて分かるのです。

ですので歯磨きだけにとらわれず、歯間ブラシも合わせて使うことで、かなりの歯垢を除去することができるのです♪


>歯間ブラシってどんなの?<<

 

歯磨き後に洗口液を使う!

 

歯磨き後に洗口液を使うことで落としきれなかった細菌や弱った歯垢をチェックメイトすることができます。

ということはここでやっとリステリンが大活躍をします♪

 

歯垢そのものを落とすわけではなく、その前の段階となる細菌を洗い流してくれます。

ですので歯垢を完璧に除去してくれるわけではないので、そこのところは注意して下さい!

基本的に歯垢は歯磨きという作業で落とす気持ちで望みましょう!

 

 

リステリン 歯石 取れた 磨き残し

 

ここまでしても歯垢の磨き残しがある!?

 

歯磨きで基本的に歯垢というものは除去していくと説明したのですが、やはり完璧に落とすことは非常に難しいです。

上記で説明したやり方でも歯垢というのは残ってしまうのですね…

っということはいずれまた歯石と出会ってしまって最悪の場合、口臭となってしまうのか…

そんなことは絶対になりたくないですよね?

 

「じゃあ他にどんな手を使っていけばいいの?」となると思うのですが、まだ抜けているところがあるのです!

気付いた方もいらっしゃると思うのですが、歯磨き粉です!

 

やはり歯磨き粉の力は偉大で、様々な薬用成分が含まれているためか、種類によって虫歯を予防したり、歯周病予防したりなど、用途は様々なのです。

種類があっていろいろと迷ってしまいそうなのですが、上記で挙げた歯の病気って、基本的に口内細菌から始まり、結局歯垢によって引き起こされているのですね。

ですので歯垢に特化した歯磨き粉を使用すれば、歯石の問題ともおさらばできますし、口臭予防としても大活躍することは間違いないでしょう!

 

「じゃあどんな歯磨き粉を選べばいいの?」となると思います。

そこで歯垢に特化して、さらに歯茎などに優しい歯磨き粉となると、「プロポデンタルリンス」というものになります!

先に申しておきますが、これは歯磨き粉ではなく「歯磨き液」になるのです。

 

 

プロポデンタルリンス どうなの

 

プロポデンタルリンスってどんなものなの?

 

プロポデンタルリンスは上記でも説明したとおり、歯磨き液というものになります。

歯磨き液と言われても疑問符が浮かんでしまう人が多いと思うのですが、歯磨き粉が本当に液体になった感じなのです!

 

含まれている成分としても安全を重視されていて、本来の歯磨き粉とは違った面を持っているのが特徴的ですね♪

特に含まれている成分で「プロポリス」というのが売りになっています!

 

それで「プロポリス」とは一体何でしょうか?少し疑問に思いませんか?

プロポリスとは簡単に説明しますと、「ミツバチ」から採取した成分になるのです。

それで一般的なミツバチからは多少しか取ることができず、とある特定のミツバチからは高品質なプロポリスを採取することが出来るのです。

このプロポデンタルリンスではもちろん後者のミツバチから採取しています。

 

ですので高品質なプロポリスによって歯の健康が守られているのです♪

 

使い方はどんな感じになるの?

 

それで気になるのは使い方ですね♪

使用方法は至ってシンプルなものになります!

  1. プロポデンタルリンスを適量ほど取ります
  2. 取った液体を口の中に入れて軽くすすぎます
  3. 全体的に行き渡らせたら歯磨きを開始します
  4. 歯磨きが終わったらまたすすいで終了です

たったのこれだけです。

いちいち歯ブラシに歯磨き粉を付けなくてもいいので、さらに手間が省けますね!

 

歯磨き粉とプロポデンタルリンスの違いは?

 

それでもちろんですが歯磨き粉との違いももちろんあります。

歯磨き粉って基本的に「研磨剤」が含まれているのですが、プロポデンタルリンスは歯磨き液なので全く含まれていません。

詳しく述べますと、研磨剤によって歯茎を傷付ける危険性は無くなります。

逆に歯茎が傷付いてしまうと、そこに細菌が進入してしまい、口臭などが顕著になったりする場合があるのです。

 

また歯磨き粉には粒が含まれているのですが、これが潰れる事で、ブラッシングでは行き届かない部分に成分を飛ばし歯垢などの付着の阻止を目指しているのです。

ですので歯垢を無くして行く点に関しては申し分ないのですが、その粒が歯周ポケットに入り込んでしまう危険性があるのです。

歯周ポケットに入ってしまうとその分、隙間が出来てしまうのでそこに細菌が入ってしまうこともあります。

 

それで歯磨き液にはそのような心配は一切ありません。

また液体自体に歯垢や細菌といったものに働きかけてくれる成分が含まれています。

それに液体なので口内全体に行き渡ることができるので、不十分なく効果を発揮してくれるのです♪

 

そして歯磨き液には研磨剤がないのでプロポデンタルリンスでは歯のホワイトニング効果はないと思ってもいいでしょう。

 

違いとしてはこれくらいだと思います。

 

 

プロポデンタルリンス 歯石除去

 

プロポデンタルリンスで何故歯垢を除去することができる?

 

この歯磨き液で何で歯垢を落とすことができるのでしょうか?

理由として含まれている薬用成分「線化セシルピリジニウム」通称CPCと呼ばれるものによってこれが実現できているのです。

しかもこれによって歯垢の原因となる細菌も徹底的に除菌できるので、付着し難くなるのです!

これに加えて歯磨きという作業も合わさるのでさらに歯垢除去が可能となっています。

 

歯垢に対して特化しているので、歯周病や歯槽膿漏などの病気も必然的に対策できるのも魅力的です♪

こういう病気に疾患してしまうと、当然ですが口臭がとんでもない臭いとして現れるので、できるだけ対策をしておきたいものです。

 

 

プロポデンタルリンス 口コミ

 

プロポデンタルリンスの口コミ♪

 

私はもちろんですが毎日歯磨きをしています。

一般的に販売されている歯磨き粉も同時に使用していました。

ふと気になって鏡を見てみると歯の付け根に歯石がいっぱい溜まってました…

こればかりはしょうがないと思い歯医者さんで歯石除去をしてもらったのですが、何といっても「痛い!」

もうこんな思いをしたくないので、歯垢に対して効果のある歯磨き粉を探しまくりました。

そうすると「プロポデンタルリンス」を偶然発見♪

歯垢に対しても効果があり、様々な歯の異常の対策になると聞いたので迷わず購入しました。

実際に使ってみるとしっかりと磨けた感じがし、朝起きても口内の粘つきを一切感じませんでした!

これなら大丈夫だと思って、鏡を確認してみると、歯垢らしきものもないので十分に効果があると思います♪

 

仕事柄、口臭に対しては常に気を使っています。

それで洗口液であるモンダミンを使っているのですが、これがどうも口内でしみてしまうのです…

現在では使う気が失せてしまい、そのまま放置している感じです(T_T)

ですが口臭が発生してしまうようなことにはなりたくないので、いろいろ探していたらプロポデンタルリンスを見つけました♪

歯磨き液になるのですが、私は洗口液としても使用しています。

使い方は簡単ですし、しみるような事もないので安心して今でも使っています。

また口内のさっぱり感も感じるので口臭対策としても活躍すると思っています♪

もちろん歯磨きのお供としても使ってまして、歯のツヤツヤ感も得ることができるので、歯垢などのような心配もなさそうです!

またリピートしたいと思っています♪

 

子供に口が臭いと言われてしました(T_T)

改善策を探していたのですが、なかなか自分にマッチしたものが見つからず途方にくれてました。

そんな時、妻から「プロポデンタルリンス」を渡されたのです!

せっかくなので使ってみるとはじめの内は、歯磨き粉で慣れていたせいか、違和感を常に感じていたのですが、使い続けているとそれも嘘のように無くなりました!

また口内がさっぱりするような感じを得ることができ、いかにも「口臭対策してますよ」という感覚でした♪

子供に口が臭いか確認をとってもらうと、「もう大丈夫!」という嬉しい言葉を頂きました♪

口臭対策としてもしっかり使えるので、これからも愛用していこうと思います!

 

他にもたくさんの高評価レビューがあったのですが、多すぎるため上記の3つほどピックアップさせて頂きました!

それで大体の方は口臭対策として利用していますね♪

やはり口臭って周囲の人が一番迷惑しているのでこの点を対策できるのも大きいです!

また歯垢もしっかり落とせているというお話もあり、しっかりとこの問題点に関してもクリアしていることが分かると思います♪

っということは歯石の心配もかなり減るということになりますね!

 

 

プロポデンタルリンス メリット デメリット

 

プロポデンタルリンスの良い点&悪い点

 

どのアイテムにも言える事ですが、それぞれ良い点と悪い点というのが同時に存在します。

プロポデンタルリンスももちろんですが、これに該当します。

ですので簡単にメリットとデメリットについてまとめてみたいと思います♪

 

メリットは?

 

 口内がとてもスッキリした感じを得るので、非常に使いやすい

 人によっては異なるのですが、今まで歯磨きで出血していたのに、それが無くなる

 味はそんなにきつくないので、継続して使うことができる

 口臭で悩んでいた人も、これで歯磨きをするだけで無くなったという声も多い

 

デメリットは?

 

 もしかすると個人差があるのですが、味を受け付けない場合があると思います

 プロポデンタルリンス自体に独特な臭いがあり、洗面台に出したら臭いが残ってしまう危険性があります

 

味に関しては、人それぞれなのでどうしようもない部分でもあります。

ですが若干薄めて使えば味はそんなに気にならなくなります。ですが効力が弱まってしまうので、その点は考慮した方がいいでしょう!

それでプロポデンタルリンスは臭いがあるのですが、使用したら水で洗面台を洗い流すだけで対策できるので忘れずに行いましょう♪

 

 

プロポデンタルリンス 最安値

 

最安値はどこになる?

 

そして一番気になるのは最安値で購入できる場所になりますね♪

それで調べたところ公式サイト以外にも「楽天」「Amazon」でも取り扱っていました!

それぞれどれくらいの値段なのか表にしてまとめてみたので、是非ご覧下さい。

 

 値段
 楽天 1944円(送料別) 
 Amazon  2444円(送料無聊)
 公式サイト  1944円(送料無料)

それぞれ上記のような値段設定となっていました!

ということは一番安いのは公式サイトであることは間違いなさそうですね♪

 

また公式サイトには定期購入という方式もあるのです。

2ヶ月に2本から届けられるコースがあります。

この場合ですと、さらに10%OFFとなりさらにお得となっているのです!もちろんですが送料も無料です♪

2本ずつの購入になるので「3888円」になるのですが、割引後「3500円」となるのです。

 

また定期購入限定でおまけとして「プロポリスキャンディー」というものもおまけとしてもらえます。

これは本来ならば「800円」するのですが、無料になるのでけっこう嬉しいですね♪(初回限定です)

あともう一点ほど付属されていて、毎回お届け時に「歯科医院専用歯ブラシ」というものももらえます。

これは毎回なので、歯ブラシを買う手間が省けるのでいいですね。

それに専用の歯ブラシなので、口内のお手入れがさらに捗る事は間違いないでしょう!

 

いきなり定期購入にするにしても実際に使ってみないと分からないと思うので、まずは1本だけ試して見るといいでしょう。

それで自分に合えば定期購入に変更すると完璧ですね!

 

特別初回価格は公式サイト限定!

動く矢印

コメントを残す