リステリンを使うことで歯石が取れたって本当?

リステリンは大体の方はご存知だと思うのですが、洗口液の一種としても有名ですね。

口の中をサッパリさせてくれるのはもちろんのことで、たまに見かけるのですが歯石を取ることができると聞きます。

 

リステリン 歯石 取れた

 

洗口液の効果

 

リステリンに限らず、洗口液は口の中を清潔にしてくれて爽快な気分を味あわせてくれるイメージがありますね。

もちろんそのような効果も期待できますし、口内の細菌たちを洗い流してくれることも事実です。

 

そのことを考えてみますと、口臭を抑えていくためにも打って付けのアイテムと言い切れます!

 

だからと言って乱用してしまうことは絶対にダメです。

洗口液には強い殺菌成分、いわゆる毒に近い成分が含まれているので、頻繁に使用してしまうと、口内を乾燥させてしまい、口臭の悪化へと繋がります。

因みに口臭対策を施している方で、平均にして使用頻度は1日に1~2回程度らしいです!

 

上記のことが基本的に洗口液の効果と言えます。

それでリステリンは歯石を取ってくれるという声を聞くのですが、果たして本当なのでしょうか?

 

 リステリンを最大の効力で発揮させるタイミングは!?

 

歯石を除去

 

リステリンで歯石を取る?

 

 リステリンで口臭を消すのは本当に可能なのだろうか?

 

そもそも歯石とは一体何なんでしょうか?

 

歯垢という言葉はきっと知らない人はいないのではないでしょうか?

歯垢は簡単に言えば、歯についた汚れのことですね。

基本的に歯は食べ物を噛むためにあるのですが、その時に出てくる食べかすなどが歯垢の原因となります。

 

そして、唾液の成分と歯垢が結合しあって、歯石というものができてしまいます。

歯石は「石みたいに硬くて、へばり付いている」ので歯磨きでは取れません!

 

そのようなものがリステリンで除去することができるのでしょうか?

先に答えを申しますが、リステリンで歯石を取ることは無理です!

 

仮に歯石を取るような成分が含まれていたら、歯茎や歯を傷めてしまい、健康面で非常に不安になることは間違いないです!

歯石と言うのは思った以上にしつこく、基本的に歯医者さんで取ってもらうことが一般的です。

 

自分で歯石を除去するための器具を売っているのですが、これはオススメできませんね。

やったとしても、自分の歯茎を必要以上に傷つけますし、慣れてないのでほとんど取ることはできないでしょう。

 

ですので、歯石の除去は歯医者さんのようなプロにお任せした方が賢明です。

 

歯石対策

 

歯石の対策

 

大切なのは歯石をいかにしてできにくくするかですね。

 

日頃から歯磨きを正しく行い、終了後にリステリンを使用すると効果はかなり期待できます。

 

歯垢の付着をできるだけ防ぐことで、歯石の対策となることは間違いないです!

 

また、歯垢に特化した歯磨き粉も存在するので、そういうもので補助してもらってもいいでしょう。

 

めとめ

 

 リステリンで歯石は取れない!

 歯石が出来る前に、歯垢をできるだけ除去する

 歯石は歯医者さんで除去するように!

コメントを残す