デンタルフロスを使うのがめんどくさいと思っているあなたへ。

この記事は

「デンタルフロスを使うのがめんどうくさい」

ということについてまとめたものになります。

 

うんうん、デンタルフロスって使うのがめんどうくさい。

あなたのお気持ちはよく理解できます。

 

デンタルフロスって歯の間の汚れを落とすものですね。

ですが1本1本歯の間にフロスを

入れること自体めんどうくさいと感じてしまう。

「デンタルフロスを使うんだったら、歯ブラシで丁寧にすればいいんじゃないのか?」

っとあなたは思うのではないでしょうか?

私もあなたと同じように思っていますよ。

 

それでここからが本題なのですが、

デンタルフロスってかなりすごい役割があるのです。

 

虫歯予防にはデンタルフロスが必須!

引用「http://haisha-yoyaku.jp/docs/smileline/column/dental-floss.html」

※EPARK歯科様より引用

 

虫歯予防として、デンタルフロスは活躍するのです!

だから「めんどうくさい」と思っても、

しっかりとデンタルフロスは活用したいですね。

 

虫歯は本当に怖い!何が怖いのかって?

 

フロス めんどうくさい

 

あなたは虫歯に対して、

どのようなイメージを持っていますか?

きっと「歯がめちゃくちゃ痛くなる」

というイメージがあるのではないでしょうか?

 

確かに歯が痛くなるのは

恐怖そのものですね。

ですが歯が痛い以外にも恐ろしいことがあるのです。

 

それは口臭です。

何故、口臭が恐ろしいのでしょうか?

 

虫歯で歯が痛いだけなら、自分だけが痛い思いをするだけです。

ですが口臭が出ている場合は、

あなたの周囲の人に不快な思いをさせてしまいます。

 

自分が痛い思いするのは我慢すればいいのですが、

他人まで巻き込んでしまうのは本当に避けたいですよね?

 

口臭があると、他人を巻き込む可能性が非常に高いです。

だからデンタルフロスをめんどうくさがらずに、

徹底的にやることが大切になるのですね。

 

また過去に

虫歯になったら、リステリンでどうにかなるのか?

という記事を書いているので、

よければご覧下さい!

 

虫歯になってしまう原因は、

たくさんあるのですが、

もちろん歯に挟まった汚れも

虫歯の大きな原因となっています。

 

歯ブラシで徹底的に取ることも可能なのですが、

はっきりいって、効率が非常に悪いです。

だからデンタルフロスのありがたみは

非常に大きいと私は考えています。

だって虫歯予防として確実に機能しますから。

 

それでもあなたはデンタルフロスを使うのがめんどうくさいのであれば、

インターネットの検索窓に、

「虫歯 どうなる」と調べてみて下さい。

虫歯の恐ろしさを改めて認識できると思います。

そうすれば「デンタルフロスを使わないと!」

っときっと思うはずです!

コメントを残す