飲むヨーグルトを飲むと口臭を抑制してくれるってマジなんですか!?

口臭対策をしてくれる食べ物や飲み物って様々な種類がありますよねー

そんな中、飲むヨーグルトも口臭の対策、予防の効果があるよと耳にします。

比較的安価だから効果が本当にあるのなら是非とも口臭対策の一環として取り入れたいですね♪

 

飲むヨーグルト 口臭

 

ヨーグルトで口臭予防!?

 

口臭予防でヨーグルトをいっぱい摂取しよう!

って言われたらみなさんはどう思いますか?

 

私でしたら「う~~ん」ってちょっと疑問を持ちますね。

食べてしまうと無糖のものならけっこう酸っぱいので口臭も酸っぱいにおいを漂わせるのではないだろうか?

また砂糖を含んでいると虫歯の促進にもなりそうだからあんまりよくないのでは?と思ってしまいます。

 

あくまで私の考えですからね!

 

それで実際は口臭に対してどのような感じになるのでしょうか?

 

そもそも口臭の発生原因となるものは口腔内であったり胃や腸の内臓の不調によって起こる場合が多いですね。

 

ヨーグルトと言えば乳酸菌を思い付きそうですね♪

実はこの乳酸菌が口内の細菌たちを滅菌してくれる作用があるのです!

口腔内の細菌たちはくさい口のにおいの原因となっていますのでヨーグルトの乳酸菌は持って来いですね♪

 

そして胃や腸の不調となれば便秘が思い浮かびます。

便秘になってしまうと実は口臭がきつくなってしまうのです…

体に溜まってしまった悪臭ガスが体中の血液を巡って口臭として現れてしまうのです。

そしてヨーグルトの乳酸菌はもちろん便秘を解消してくれる働きがあります。

っということは内臓系の口臭対策にもなるということですね♪

 

じゃあこれが飲むヨーグルトでも口臭対策にもなるのでしょうか?

 

 生姜を食べることで口臭がよくなるってマジですか!?

 

飲むヨーグルト 口臭対策

 

飲むヨーグルトで口臭対策!?

 

食べるヨーグルトと飲むヨーグルトの違いって何があると思いますか?

 

固形物、液状の見た目の違いから始まり、飲むヨーグルトの方が甘く感じるなど味の面でも差が出ていますね♪

 

食べるヨーグルトは口臭に対して効果があることは分かったと思うのですが、飲むヨーグルトの場合ですとどうなんでしょうか?

飲むヨーグルトは本来のヨーグルトを液状化にし、糖分を加えたものになります。

 

元はヨーグルトなのは変わりないので乳酸菌の量の変化はありませんね。

ですが糖分をさらに加えられているとなれば、虫歯を促進させてしまう恐れがあります…

 

虫歯を患うと口臭悪化の大きな原因となりますのでできるだけ避けたいところです。

 

ですので、食べるヨーグルトと飲むヨーグルトを比較すると、どちらでもいいやという方は食べるヨーグルトを選択した方が無難ですね。

飲むヨーグルトの方がいいという方は飲んだ後うがいするなど、口に残ってしまった糖分を出来るだけ落としてあげるように心がけましょう。

 

まとめ

 

 食べるヨーグルトと飲むヨーグルトの乳酸菌の量は変わらない

 飲むヨーグルトの方が糖分が多いためできるだけ食べる方を選択する

 飲むヨーグルトでも口臭予防の効果は期待できる

コメントを残す