ディープクリーンの歯ブラシを使用すると痛い!どうしたらいい?

歯を磨くための必需品、歯ブラシ!

たくさんの会社が様々な種類の歯ブラシを販売していますが、その中でもディープクリーンの歯ブラシを使用したら、口内が痛いという声があります。

 

ディープクリーン 痛い

 

歯磨きをすると痛い?

 

みなさんは基本的に毎日歯磨きをしていると思います。

 

歯磨きをした後に口の中に痛みを感じたりすることはありますでしょうか?

 

私は口臭を自覚した時の初期段階で、歯磨きをした後に痛みを伴っていました…

 

ですが現在はいろいろと対策をして痛みもないです。

 

それで上記でも申しましたように、ディープクリーンの歯ブラシを使用すると痛くなってしまう現象についてですね!

 

この歯ブラシは毛先が細いタイプを販売していて、歯肉ポケットの汚れにもしっかり対応しているものです。

 

一般的な歯ブラシよりもそういう面では優れているので素晴らしい一品ですね♪

 

歯肉ポケットの汚れは基本的に落としにくいものですからねー

 

ですが、毛先が細い分、一本一本の毛がもろいため、消耗スピードは一般的な歯ブラシよりも早い感じがします…

 

唯一の欠点はそこだけのような感じがします!

 

それでは何故ディープクリーンの歯ブラシを使用すると痛くなってしまうのでしょうか?

 

 イソジンで歯磨きをしても本当に大丈夫?

 

ディープクリーン 痛い 対策

 

何故痛くなってしまうのか?

 

毛先が細いから普段からブラッシングできてない箇所を刺激したからとか、いろんな考えが浮かびそうですが、そういうことではないと思います!

 

力を入れて歯ブラシをしている

 

まずはこれを疑いましょう!

 

冒頭で申しましたとおり、私は口臭に気づいた初期段階で力を入れて歯磨きをしていました…

 

こうする方が汚れをしっかり落とせると勘違いしていましたねー

 

力を入れてブラッシングをすると、歯茎に強い刺激を与えてしまいます。

 

そうなると歯茎から痛みが生じてしまいますね…

 

また歯茎が痛んでしまいますと、口臭が更に悪化してしまう恐れがあるので、強く磨くことは危険です!

 

歯ブラシを軽くあてる感じにして、シャカシャカと軽快に磨いていきましょう♪

 

歯ブラシの持ち方が原因?

 

みなさんは歯ブラシをどのように持っていますか?

 

大体の方は歯ブラシをグーで持って磨いているのではないのでしょうか?

 

グーの形で磨いてしまうと、優しく磨いているつもりでも、力が入ってしまい、痛みを生じてしまいます。

 

握力が低下している方ならこのやり方で大丈夫なのですが、それ以外の方は優しく磨けるやり方を実につけましょう♪

 

持ち方として、簡単に言えばえんぴつを持つ手の形を意識してブラッシングしましょう!

 

こうすることで歯に強い負荷をかけずに磨くことが出来ます。

 

まとめ

 

ディープクリーンに限らず、正しい方法で歯磨きをしないと痛みを生じてしまいます。

 

えんぴつを持つような形にして優しく磨くことを意識すれば、痛みはなくなると思います。

 

歯に軽くブラシを添える感じのイメージでやれば大丈夫なので是非試して下さい♪

コメントを残す