効果なし!?コンクール fで口臭対策をしたいんだけど…

この記事は

「コンクールfで口臭対策をする!」

についてまとめたものになります。

 

コンクールfはあなたもご存知の通り、

マウスウォッシュや歯磨き粉があります。

コンクールfは特に

マウスウォッシュのイメージが強いですね。

マウスウォッシュといえば、

リステリンやモンダミンなどを

イメージするのではないでしょうか?

 

それではじめに申すのですが、

リステリンやモンダミンとは

やはり質が違いますね。

もちろんいい意味でですよ?

私の使用感になるのですが、

コンクールfの方がはるかにいいと思っています。

 

当然ですがコンクールfは口臭対策として

しっかりと利用できます。

ですが人によっては

「コンクールfは全く効果がなかった」

という声もあるので、この点が本当に気になります。

 

コンクールfは口臭対策として完璧に使えるのか?

 

コンクールf 効果なし

 

私の中では

コンクールfは問題なく口臭対策として

使用できると思います。

またコンクールfの使用者の間でも

しっかりと効果があったという声も多いので

信憑性は非常に高いと思いますね。

 

モンダミンとかと比較してみると、

刺激性は少ないので、非常に使いやすいです。

 

やはりモンダミンやリステリンって

かなり刺激性が高いので、

使える人と使えない人でけっこう意見が分かれます。

だから刺激性の面で言えば、

断然コンクールfが一番おすすめとなるのは間違いないです。

 

また効果がないと言っている人たちは、

コンクールfでも刺激を感じてしまう人たちが多いです。

やはり強い刺激を感じるとストレスにも繋がりますからね。

 

もしかしたらあなたは

「ストレスとか関係ないのでは?」

っと思うのではないでしょうか?

 

実はストレスと口臭って親密な関係があるのです。

ストレスを溜め込んでしまうと、

口臭がさらに酷くなってしまうと言われています。

だからコンクールfでしみてしまうのに、

無理して使用すると、逆に口臭が発生してしまうのですね。

ストレスを感じてしまうようであれば、

使用を控えるようにしましょう。

 

コンクールfをさらに効果的に使用したい!

 

コンクールf 効果なし 効果的に

 

コンクールfの使用タイミングとして、

歯磨きをした後が一番いいと言われています。

 

何故、歯磨き後が一番いいのでしょうか?

歯磨きをすると、お口の中がきれいになるのは

あなたもご存知のとおりです。

ですが歯磨きだけでは、お口の中の細菌を

完璧に落とすのは不可能なのです。

絶対に多少は汚れが付着しています。

 

そんな汚れを落とすために、

歯磨き後にコンクールfを使用するのがいいのですね。

 

またさらに詳しく知りたい方は

歯磨き後にプロポリンスを使用すると完璧!?

という記事があるので、

よければご覧下さい!

 

プロポリンスはコンクールfと似たような作用があります。

だから使い方も似ていると言えます。

コメントを残す