子供に口が臭いと言われる…そんな悲しい思いとおさらばしよう!

子どもって本当に正直ですよねー

思っていることをそのまま言葉にすることで、

傷つくことなんか少なくないですよね…

逆に考えてみれば、そんな子どものおかげで口のにおいに

素早く気づくことができ、他人に不快な思いをさせることが

めっきり減ることもあるかもしれませんね♪

 

口臭を指摘

 

子どもからにおいの指摘

 

子どもにハグや抱っこをしたりすると、

「ママ(もしくはパパ)の口がくさーい」って

言われたことはありますでしょうか?

 

私の友人にはお子さんがいるのですが、

「変なにおいがする~」って言われたらしいです(泣

その時の友人といえば、ものすごく傷ついてましたね…

「これからどうやって生きていけばいいのだろうか」っと

この世の終わりみたいな感じでしたね…

私もこの気持ちすんごく分かります!

子どもからではないのですが、口臭を指摘されたことが、

ありますからね(T_T)

 

ですが、口臭というのは自分で気づくことは難しく、

他人から言われないと自覚することができない可能性が、

高いのです!

だから指摘されると悲しくなってしまうのは痛いほど

わかるのですが、同時に気づけたことに感謝をしましょう♪

 

 口臭の悲しすぎるお話をまとめました…

 

口のにおいと向き合う!

 

私も人のこと言えませんが、口のにおいに気づいたら、

長期間くよくよせずに、できるだけ素早く立ち直って

どのように対処していこうか考えていきましょう!

 

悩めば悩むほど、精神的に負荷がかかってしまい、

お口のにおいがさらに悪い方向へ進んでしまいます…

 

気持ちの整理が一旦つきましたら、

次はお口の原因となるものを探していきましょう

 

 自分の口臭と全力で向き合うための記事はこちら!

 

におい 原因 探る

 

においの原因を探る

 

口臭の原因となっているものは大きく分けて2つあります。

生理的要因病的要因と分けられています。

 

生理的要因は、例えば口の中が乾燥してしまったりして、

口臭がきつくなったりや、寝起きによる口臭の悪化などがあります。

 

病的要因は内臓系に異常があったり、蓄膿症など様々あり、

これらの病気によって引き起こされるものです。

 

まず最初に疑って欲しいものは、口内環境によるものです。

口臭のほとんどは口腔内から発生しているので、病気がないかなど、

例えば歯槽膿漏や虫歯などがないか自己チェックしましょう!

心配ならば歯医者さんへ行ってチェックしてもらい、口臭についての

相談をしてみるのもかなり有効です♪

 

口腔内の対処ができれば基本的に改善はされるのですが、

万が一効果を感じなかったら、内臓系の病気や精神的なところを、

疑って行く事がベストです。

仮に内臓系の病気を発見しますと、口臭どころではなくなりますので、

治療することを全力で取り組むべきですね。

 

まとめ

 

子どもから口のにおいを指摘されてしまうのは、

非常につらいことなのですが、これを逆手にとって、

気づけたことに感謝をしましょう!

 

口臭を自覚せずに過ごしてしまいますと、

一緒にいる人に不愉快な思いをさせてしまいますからね。

 

気づいたらできるだけ口内のケアなどをして、

口臭の原因を探ることに集中しましょう!

 

時間は非常にかかりますが、諦めなければ絶対に、

においを抑えることができるので、頑張っていきましょう!

コメントを残す