仮にリステリンを使用して口臭が消えたら何もしなくていいの?

リステリンだけに限らずどの洗口液でも使用してみると一気に口臭が改善したというケースも稀にあります。

ですがこれは非常に運がいいのか、または口臭の原因が口内だけでピンポイントに改善したのかもしれません。

改善したからこれ以上手を加えない方がいいのでしょうか?

 

リステリン 口臭改善 その後

 

口臭が抑まればそれでいい?

 

洗口液を使用して口臭が無くなれば本当に羨ましい限りです♪

口臭対策は手間がかかりこれを何日も行って抑えたりするものだからです!

 

私も歯磨きのやり方を改善したり、歯間ブラシを取り入れたり、食生活を見直したり、運動を取り入れたり様々なことをしてきました。

これくらいやってやっと大体マシになったのですが、完璧に無くなるという事はありませんでした…

そして最後にサプリメントを使用してほとんど口臭を感じさせる事は無くなりました!

これはあくまで私の場合です!

 

大変な方は病院に行って何か原因となるものを患っていないかなど調べたりします。

これって非常に身体的、精神的に疲労を伴うことになるのですね。

 

ちょっとしたことで口臭と遮断できることは本当に儲けものですね!

 

それで口臭が無くなってしまえばこれからは何も意識しなくてもよろしいのでしょうか?

はっきり言って答えはNOです!

 

一度口臭というのもに苦しんでいるのならもうこんなことにはなりたくないはずです!

リステリンを使用して「改善したからー」など頭の中で思って、もう一度口臭になってしまえば「再度使用すればいいから」と油断しないようにして下さいね♪

そんなにうまい状況はそうそうありませんからね…

 

 リステリンで口臭が消えただって!?それって本当の話なの?

 

歯磨きを基盤にする

 

歯磨きを基盤にして怠らない!

 

口腔内の口臭が原因であれば歯磨きが最大の効力を発揮します!

歯の汚れってけっこうにおいを出す要因となっていてこれを除去するためには歯磨きが一番いいのです。

 

それで歯磨きを基本として他の口内ケアを併用していけば更なる効果に期待ができるのです。

 

例えば舌苔の処理。

舌には汚れや細菌が付着しやすくなっていて、これからも口臭の原因となるのです!

こういう細かいことをどんどんやっていけば口臭の魔の手から自ずと避けることが出来るのです。

 

他にも洗口液を使用する。

冒頭で述べていますがこれも立派な口臭対策となりますね♪

因みに使用するタイミングは歯磨き終了後が一番効果的なのです!

歯磨きだけでは落としきれない細菌たちがいて、これを完璧に処理しようとすれば洗口液の力が必須となっているのです。

 

口臭が無くなったからと言ってこういうのは絶対に疎かにしない方が賢明です!

油断をしてしまうとすぐにまたにおいを出してしまう可能性があります。

 

まとめ

 

 口臭が無くなったからといって絶対に油断しない

 歯磨きを筆頭に口臭対策を続けていく

コメントを残す